コドミン 製造元

コドミンの製造元はどこなのか?品質に問題はない?

コドミンの製造元はどこ

 

コドミンの製造元はどこなのでしょうか?

 

大切なお子さまに食べさせるサプリメントなので品質に問題はないのか心配になりますよね。コドミンの製造元をお伝えします。

 

 

コドミンの製造元はどこなのか?

コドミンの公式サイトには「安心のGMP認定国内工場生産です」と明記されています。

 

GMPとは何なのか、分からない人は多いでしょう。

 

GMPとは原材料の受け入れ、製造、出荷まですべての過程において製品が安全に作られて一定の品質(品質管理)が保たれるようにするための製造工程管理基準のことです。

 

日本では、2005年に厚生労働省が示したガイドラインのもと、サプリメント製造工場の品質管理状況を利害関係が一切ない第3者機関がチェックして認証するGMPという規格が作られました。

 

アメリカでも2007年にサプリメントの工場のGMP制度が始まっており、韓国などのアジア諸国でもGMP制度を設ける国が増えてきているのです。

 

コドミンを購入するとき、成分や量、価格に注目してしまいがちですよね。

 

しかし、いくら材料がよかったとしても製造途中で品質が変わってしまう可能性があるのです!

 

コドミンは「GMP認定国内工場生産」と、製造元がしっかりと明記されているので安全です♪

 

 

GMP認定工場とはどんな品質管理が求められているのか

コドミンの製造元であるGMP認定工場とは、品質管理の基準をクリアした工場のことですが、どのような品質管理が求められているのでしょうか?

 

製造の途中で品質が劣化してしまう原因はいろいろあるのです。

  • 材料の在庫管理ができておらず、古い材料が使われる

 

  • 機械がきちんと清掃されておらず、腐敗物が混ざる

 

  • 材料がしっかりと混ざっておらず、粒によって成分濃度が違う

 

  • 使われている水が汚染されている

 

この他にも、いろいろな品質劣化の可能性は潜んでいます。

 

この可能性をひとつずつ消していくのが、GMP認証を受けるための条件になるのです!

 

作業者のミスによって品質劣化が起こらないようにする管理の徹底、環境によって汚染が起きないような検査管理の仕組み作りといった、たくさんの項目で基準をクリアする必要があるのです。

 

項目基準をクリアしたら、健康補助食品GMP認証機関に申請し、書類審査・立ち入り検査をクリアしてGMP認定工場となることができるのです。

 

これほどたくさんの項目基準をクリアしているコドミンの製造元はすごいですよね。

 

 

GMPだとどんなメリットがある?

コドミンが製造元であるGMP認証工場で作られていると、私たちにどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

最大のメリットは「製造品質が保証されている」ということです。

 

GMP認証を受けた工場で作られたコドミンは、製造過程での混入・汚染がありません。

 

また、1粒1パックごとの成分にばらつきがない製品です。

 

お子さまの口に入れるものなので品質が保証されている、安全であるということは重要なことですよね。

 

 

コドミンの製造元はどこなのか?品質に問題はない?:まとめ

コドミンの製造元は、GMP認定国内工場です。

 

GMP認定の工場で作られているということは、品質管理が保証されているということです。

 

なので、コドミンを安心してお子さまに食べさせてあげましょう。

 

GMP認定の工場になるためには、たくさんの項目基準をクリアしなければなりません。

 

項目基準をクリアして終わりではなく、健康補助食品GMP認証機関に申請して書類審査や立ち入り検査をクリアする必要があります。

 

すべてをクリアしたらやっとGMP認定されるのです。

 

これらすべてをクリアしているコドミンの製造元はすごいですよね。

 

今後、サプリメントの製品選びに悩んだときや品質にこだわりたいと思う人は「GMP認定工場で製造されているのか」ということを選択の基準のひとつとして考えてみてもいいでしょう。

 

 

コドミンなら国内のGMP認定されている工場で製造されているので、安心してお子さまに食べさせてあげられますよ♪